2014年11月4日火曜日

忘れたのか忘れてないのか


お洒落をして
好きな人と手を繋いで
お腹が減るまで 街を歩く人たち


電柱や
使われない公衆電話のように
僕はそれを傍観します

 テレビのリモコンをぽちぽちと押すように
心のチャンネル切り替えて
忘れてしまった感覚を思い出せたなら

また昔のように
せっせと書けるだろうか


一路

 


31 件のコメント:

  1. せっせと書いた言葉も、苦悩して書いた言葉もどちらも好きですよ。
    今しか出来ない事を優先して人生を楽しんでくださいね。

    返信削除
  2. 一路さん。

    私がファンになってからの一路さんは、恋愛苦手キャラとして通っています。
    でも私はいつからか、寂しがり屋の一路さんは、恋愛体質だと感じています。
    遊んでるとかそういうことではなくて。
    いつも好きな人にそばにいてほしい人かなと。
    四六時中べったりということではなくて。

    そばにいられれば、
    上手い言葉なんか浮かばなくても、
    そばにいるだけで、話を聴くだけで、ぎゅっとするだけで、
    それだけできっと十分なのに。

    画面越しに想像することしか出来ない無力さがもどかしい。

    返信削除
  3. 過去にとらわれず、今のままの一郎さんでいいのだと思います。今しか書けないもの、過去にしか書けないものってあると思います。
    恋愛している時の切ない気持ち甘い気持ちも、一郎さんの経験を経てどんな歌になるのか、未来の歌を楽しみにしてます。

    返信削除
  4. 書き続けることをやめなければ
    いつかまたきっとせっせと書けるのではないでしょうか

    返信削除
  5. 昔はせっせと書けたのに。って思うこともあるかもしれないですが、
    それはきっと
    書く事や創ること、演奏することがちゃんと職業となって、世間に発信して、紅白にも出て、映画の主題歌にまでなって。というように
    成長して大きくなっている事を反映するようなクオリティとオリジナリティ素晴らしい物を創るため、今は時間がかかってしまうのではないでしょうか。進化している証拠ですね。

    返信削除
  6. 心のチャンネルはもしかしたら、経験していないことにもアクセスするかもしれない。
    忘れてしまったと思ってたことでも、もしかしたら新しい経験として感じることができるのかもしれない。

    一郎さんのフィルターを通した感覚を「文字」として「音楽」として受け取るのを
    私達はじっと、楽しみに待っています。

    返信削除
  7. 年を重ねて私も同じようなこと思います。
    心のチャンネルかぁ。
    切り替え出来るといいのにね。

    返信削除
  8. 一郎さん、不安や心配な気持ちは無くなることはないのかもしれない。
    でも、それでもいいの。
    だって、音楽や言葉を生み出している一郎さんも何も生み出していない一郎さんも同じに好きだから。
    一郎さん、いつも助けてもらってるよ。
    ありがとう。
    身体は大事にして下さいね。

    返信削除
  9. 何の思い込みもなく人を眺めているとその人の流れが感じられる時があります。そういう時、人はそれぞれリズムや旋律を持ち、音楽なんだなと思います。
    今回のミニアルバムのような4曲も関わる人が少しずつ違い、それがよく出ていると感じました。

    リモコンを押すようには替えられないかもしれないけれど、一番強く感じられるものを消し去れるといいかもしれません。

    返信削除
  10. 安らげる時間と手を繋げる時間創れたらいいですね。

    返信削除
  11. せっせと書けるようになれるより好きなように書けるといいのに。
    一郎さんが今感じていることを知りたいです。
    心のチャンネル。少しづつでもうまく切り替えられるようになるといいですね。

    返信削除
  12. 何だか切ない。

    返信削除
  13. イヌナクション2014年11月9日 22:54

    その失われた感覚

    だけど
    今しばらく長く辛く感じるとしても
    いつか また あなたは必ず取り戻す その感覚

    私には それが羨ましくて仕方ない

    だけど私に それに等しい感覚を思いださせてくれたのは
    あなた なのにな

    返信削除
  14. 今さらブログの更新、気付きました。
    悲しいけど、年を重ねれば重ねるほど、そんな感覚が鈍くなる。
    自分にもそんなことがあったのだろうか…なんて。
    せっせと書けなくても、時間がかかっても、いいですよ。
    待ってます。頑張って。

    返信削除
  15. 歌詞って音楽以外からうまれる感じしますものね。
    音楽一筋の一郎さんだからの悩みな気がします。
    いっそのこと物語から作ってみるなんて、どうでしょうか?
    一郎さんが書く、架空の物語とか物凄く興味がわきます。

    返信削除
  16. せっせと書けないのを
    なんとなく知っているから、
    余計に一郎さんの創ったものが愛おしくて
    しょーがないです。
    大切にしなくちゃ!!と思います。

    返信削除
  17. 書けますとも。一郎さんは、ずっと変わらないままの人なんだと、ここのブログを拝見していて思います。
    少し休むことも忘れないで、お身体大切にされてくださいね。

    返信削除
  18. はじめまして。

    私も全部忘れたと思っていましたが、今取り戻す日々です。

    まだやっとのことが多いけど、閉めていた扉の前に立っている感じです。

    一路さんもきっと扉は開いているはず。

    返信削除
  19. 一郎さん、今年65になる母がね、サカナクションの曲を聴いてるよ。
    バンドなんて聴かない人だったのに、曲名まで覚えてました。
    びっくり。
    サカナクションが生み出した音楽は、世代を超えて届いていますよ。

    返信削除
  20. 忙しくなると感覚がマヒしちゃって、何やってるんだろうなぁって虚しくなります。
    好きでやってるわけじゃないのにって自分に言い訳とかしだしたら、もう前には進めません。
    一郎さんが今感じているのは、そういう感覚に近いのでしょうか。

    一郎さんの好きな釣りができたらいいですね。
    好きだった本を読み返したり、街に流されたり、朝を楽しんだり、
    新しい詩集を読んだり、間合いを見たり、夜を満喫したり、
    一郎さんが好きなことができまように。

    返信削除
  21. 蓮の花を聴いて、
    新しい部屋に引っ越して、一郎さんには好きな方あるいは気になる方が出来、作詞中どうしてるだろうと思い出す。それを部屋によく出てくる蜘蛛に例えたのではないでしょうか。
    その方とは連絡を取る手段やSNSでの情報もない。(インターネットや携帯電話のない時代の別れの歌が好きという点から)
    蓮の花は新しい部屋での最初の曲(新しい部屋で新しい歌を書き始めますという点から)、SAKANAQUARIUM2014 SAKANATRIBEが終わったくらいから制作が始まったとのことで、その方は今年に入って1〜3月に出会った方なのでしょうか。
    蓮は別れを惜しむように未練がましく、また潔く一枚一枚花びらを落としていくようですね。
    MVの最後に蜘蛛を見て笑顔で曲を書き始める一郎さんがいて、一郎さんがその方とまた逢えたらいいなと強く感じました。
    美しく儚い、とても素敵なラブソングに感じました。

    蓮の花の私なりの捉え方、感想です。一郎さんの発言や歌詞はとても深く、自分なりに答えを導いて行くのがとても面白いです。(間違っていたら申し訳ございません。。)

    返信削除
  22. なんか胸にキュンときました。やっぱり一郎さんは詩人ですね。どんなテンポやシチュエーションで書かれたモノでも、No problem!! ネガティブモードはちょっぴり心配だったりしますけど、そんな一郎さんも好きです。

    返信削除
  23. 京都は今、赤。赤。
    桜色になる頃は、「リン、パッ」と流水に扇面。揺れる枝垂れ桜、踊る藍色。
    一年ぶりに、ちゃんと聴いた山口さんの詩と声。それと、並行してできた仕事。進みたいけど変わりたくない。
    来年もちゃんと出来ますように。

    返信削除
  24. 蓮の花ってキレイな水よりも泥の濃い水の方が、大輪の花を咲かせるそうですね。
    一郎さんの曲も、辛さや寂しさが一郎さんのフィルターを通して、切なく美しい曲になって、みんなの心に染み込んでいっているように思います。
    寒くなって来ましたので、温かくて美味しいもので栄養を取って、お体ご自愛下さいね。

    返信削除
  25. リモコンのように切り替えなければならないほど、いろんなことを抱えてらっしゃるのですね。もし許されるのであれば、ラジオのチューニングのように、少しずつすこしずつ、丁寧にていねいに、心のチャンネルをかえる時間を一路さんにプレゼントしてあげたいです。アナログな一面をもつ一路さんが大好きです。どうかご自愛ください。

    返信削除
  26. 誰かを好きだったときのことって、その人をどんな風に好きだったのかは思い出せるのに、その感覚自体は思い出せなくなってしまいますよね。
    もしその感覚をはっきりと思い出せたとしたら、それはまだ恋をしているってことになると思う。
    一郎さん、恋をしてください。そして聴かせてください。

    返信削除
  27. せっせと書けないことが辛いかもしれませんが、
    その苦しみを乗り越えて紡ぎ出された言葉に、
    心動かされるのです。

    返信削除
  28. まずは好きな人と手を繋いでみてはどうですか。

    返信削除
  29. はじめて、blogにコメントをしております。

    サカナクションを聴くようになり
    わたしの世界は色彩を帯びるように
    生き生きとして
    前向きに生きれるようになりました。

    大変感謝しております。

    スランプですか?
    わたしもそうです。
    クリエイティブなお仕事をされている方は
    多かれ少なかれ、そういう波はあるかと思いますし、また聡明な一郎さんのこと、ご自分でよく分かってらっしゃるかと思いますが。
    あえて書いておきます。

    乗り越えられるし、書けます。
    必ず。
    いま一郎さんに足りないものはね、
    自分を信じることです。

    わたしはそうでしたし、
    おそらく一郎さんもそうだと思います。

    返信削除
  30. メガオッキーネッテイワテルさん
    蓮の花、聞きました…
    切な過ぎて泣けてきます
    学祭、フルート、コンサート…思い出はたくさんあります
    あの頃の自分は理解出来なかった
    抱え込んでいることが多すぎて、普通の人が憎かった…
    普通になりたくて…でもなれなくて
    あなたの曲は私を普通の人の世界へ連れていってくれます
    毎日助けてもらってます
    いつかあなたを救える日が来るかな

    返信削除
  31. happysakanaction2015年8月22日 12:38

    一路さん!!
    サンパレス福岡のチケット取れましたーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
    歌も演出も楽しみにしてます!!

    連日のレコーディングお疲れ様です、
    きれいだったので載せておきます、、
    私も一路さんにマッサージしてもらいたい、、
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2&hl=ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0CAgQ_AUoAWoVChMI_o-ItOC7xwIVw6CUCh3YwAsS&biw=1906&bih=945

    返信削除